魅力的な結婚式場のチョイス法を伝授|ブライダルリサーチ

wedding

必要な費用はいくら

神前式

日本ならではの結婚式スタイルとして、昔から受け継がれているものとして神前式があります。花嫁は神前式の際に、普段はなかなか着ることが出来ない、白無垢を着ることが可能です。日本人の女性として一度は着てみたい衣装だと、興味を持っている人は多くいるものです。神前式を希望する際には、身近なブライダル相談所を利用してみましょう。神前式を行う際には、神前式をとり行なっている神社と提携を組んでいるところを見つける必要があります。その中で、日取りや費用に関する相談を持ちかけることが出来ます。

神前式に掛かる費用として、挙式料を含め、白無垢などの衣装のレンタル料に、花嫁の後から連なる定番の行列に掛かる別途料が発生します。神前式に掛かる料金は、トータルで約30万円になるでしょう。またそれとは別で、披露宴会場と、結婚式を行う神社の距離があまりにも離れすぎていると移動代の負担も大きくなります。少しでも神前式に掛かる費用をお手頃にするのであれば、距離の問題も考慮して、神社や披露宴会場を決めるようにしましょう。それらの費用を神社や撮影を行うカメラマンに振り分けて支払いをすることです。

神前式はとても神聖なものです。昔から受け継がれている本格的な流れで今も行われているので、一生に一度の思い出となるでしょう。入場から始まり、誓いの盃を新郎新婦が交わしているその中では神楽が演奏されています。魅力的な空間となる神前式は、日本人のみならず、海外の人からも人気を集め、実際に日本で結婚式をとり行う際に神前式を選ぶ人もいます。披露宴会場とは異なり、多くの招待客を呼ぶものでもないので、本当に身近な人達だけを呼び、近い距離でお祝いの気持ちを交わすことが出来るでしょう。